このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 骨盤ショーツでダイエット効果|骨盤矯正で痩せるメカニズム

骨盤ショーツでダイエット効果|骨盤矯正で痩せるメカニズム

179view

更新日: 公開日:

骨盤ってなに?

ダイエットが気になる人なら、一度は「骨盤が歪むと太る」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

しかし、実際には「骨盤が歪む」ということの意味が分かっている人は少ないはず。

そもそも骨盤とは、どういった骨なのでしょうか。

骨盤とは下腹部に位置する大きな骨のことですが、実はひとつの骨ではありません。

骨盤や腸骨や恥骨、座骨、仙骨などが集まってできている骨の集合体です。

生まれたときはそれぞれバラバラの骨だったものが成長するに従って一つの骨に一体化します。

これが骨盤と呼ばれるものの正体です。

骨盤は身体を安定させるほか、股関節を滑らかに動かす、内臓を守るといった働きがあります。

骨盤が歪むってどういうこと?

それでは骨の集まりである骨盤が歪むというのは一体どういう状態になっていることを指しているのでしょうか。

人間の身体というものは、左右対称にはできていません。

利き手の違いや身体の使い方のクセなどによって、右と左では少しだけ形が違っているのです。

その左右の違いが大きくなりすぎると、人間の身体はバランスを崩してしまうため、上手く動けなくなってしまいます。

そこで登場するのが骨盤です。骨盤は自分の形を変えることで、左右の差を解消して身体のバランスを整える役割を果たしてくれます。

また、骨盤は立体的な構造になっているため、前後に傾いたり左右の高さを変えたりすることで、身体のバランスを調整します。

左右差がわずかな違いだけなら、少し休めば骨盤は元の位置に戻ることができます。

しかしこの左右の違いが大きくなり、しかも長期間続いてしまうと、骨盤は元の位置に戻れず、さらに歪み続けてしまうのです。

骨盤とダイエットの関係

骨盤のゆがみは、腰痛や肩こり、人によっては頭痛などの原因にもなります。

しかし、骨盤が歪むとさらに別の問題も発生します。

それが「太る」ということです。

なぜ骨盤が歪むと太ってしまうのでしょうか。

骨盤は骨盤底筋というインナーマッスルによって支えられていますが、骨盤が歪むと、このインナーマッスルも上手く働くことができなくなります。

このインナーマッスルはお腹にある「腹横筋」という筋肉につながっています。

そのため、骨盤底筋が衰えてしまうと、腹横筋も同時に衰えてしまいます。

この腹横筋の主な仕事は内臓を支えること。

腹横筋が衰えると、内臓が正常な位置に保てなくなり胃や腸が下垂し、お腹が出てしまいます。

ダイエットや腹筋運動を一生懸命してもお腹が出てくる、引き締まらないという人の場合、骨盤の歪みが原因になっているかもしれません。

さらに骨盤底筋が衰えると、身体の血行不良を引き起こします。

血行が衰えると全身の筋肉が上手く働くことができなり、代謝不良を起こすことがあります。

人間の身体はじっとしていても筋肉や内臓が働くことでカロリーを消費しています。

これが「基礎代謝」と呼ばれるもので、実に人間の一日の消費カロリーのうちの6割がこの基礎代謝によるものです。

つまり基礎代謝が高ければ「食べても太らない」ということになり、低ければ「食べてないのに太ってしまう」ということになります。

骨盤底筋が衰えると代謝がうまく行かなくなり基礎代謝が低下し、「たいして食べてないのに太ってしまう」といった体質になりがちです。

骨盤が歪むと太る原因はこれだけではありません。

骨盤の大切な役割に内臓を支えるというものがありますが、骨盤が歪むと内臓も正しい位置に収まることができません。

その中でも最も大きな影響を受けるのが腸です。

腸は身体に必要な栄養を吸収し、老廃物を排出するなど大切な役割を持っていますが、骨盤が歪むと腸も圧迫されて上手く働くことができなくなります。

その結果、起きるのが便秘です。

便秘になると老廃物が溜まるだけでなく、脂肪なども蓄積し、さらに太りやすい身体になってしまいます。

また水分を上手く身体の外に出すことができないため、むくみやすい身体になってしまいます。

人間の身体はほとんどが水分でできています。

言い換えれば、体重もほとんどが水の重さということです。

そのため、ダイエットにはいかに上手に水分を外に出すかということが必要になりますが、骨盤が歪むと水分を外に出すことができません。

さらに水分が身体の中に溜まっていくことで身体が冷えやすくなります。

そうなるとさらに代謝が低下し、じっとしているだけでも太ってしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

骨盤矯正ショーツで痩せるメカニズム

代謝の低下や便秘など、ダイエットに非常に大きな影響を与える骨盤の歪み。

しかし、骨盤の歪みを矯正すれば、基礎代謝をアップさせ、身体の中の余分な水分を上手く排出できるなど、ダイエットを成功に導くことができます。

それでは、どのようにすれば骨盤を正しい位置に戻すことができるのでしょうか。

まず必要なのは、骨盤の歪みを自覚することです。

骨盤の歪みには前後に傾いているものや左右の高さが違うものだけでなく、骨盤が開いているものなど、人によって様々なタイプがあります。

鏡を見たり、足を揃えて座ってみて足の長さをチェックするなどすれば、自分の骨盤の歪みを自覚することができます。

また、普段足を組んでいる場合、どちらか上に来るほうの足が決まっているという人や、立っているときに片方の足に体重をかけているという身体の使い方にクセがある人は、そちらの側に骨盤が傾いていることがあります。

具体的に骨盤の歪みを矯正するためには様々な方法があります。

骨盤を回したり、骨盤ベルトを使ったりといった方法がありますが、自分で骨盤を矯正するのはなかなか難しいもの。

専門のサロンなどに通うこともできますが、時間やお金もかかるため、ためらっている人も多いかもしれません。

そんなときに便利な存在が骨盤ショーツです。

骨盤ショーツは骨盤を矯正するための特別な構造になっているショーツのことです。

骨盤ショーツはお尻と腰を含めて骨盤全体を前後から包み込むような構造になっていて、適度な圧力を加えることで履いているだけで骨盤を正しい位置に導いてくれます。

骨盤の歪みの多くは身体の左右差によって圧力がかかり続け、それが原因で起こるものです。

骨盤ショーツはこれまで力が掛かっていたのと逆方向に加圧を行います。

歪んでしまった骨盤も、常に正しい元の位置に戻ろうとしているため、そこに骨盤ショーツは圧力のサポートを加えて、骨盤の矯正を行います。

特に骨盤ショーツは出産によって骨盤が歪んでしまった人には効果が期待できます。

骨盤が前後に傾いてしまう、左右で高さが違っているという歪みの場合には、普段の姿勢や身体の使い方によってある程度矯正を行うことができます。

しかし、出産のときに骨盤が開き、そこに無理な力が加わって歪みができてしまう、その後の生活でさらに骨盤が開いてしまうと言った場合、なかなか自分でケアを行い、骨盤を元のように閉めるのは難しいものです。

骨盤ショーツはただ履いているだけで骨盤を正しい位置に導いてくれるため、骨盤矯正には大きな威力を発揮してくれるのです。

骨盤ショーツは、様々なメーカーやブランドから商品が発売されていて、色や形、素材なども多種多様です。

安いものであれば1000円程度と非常にリーズナブルなものも発売されています。

履き心地なども異なるため、いくつかの種類を試したり、口コミを参考したりして自分の体形や肌に合ったものを選ぶとよいでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る