このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 骨盤ショーツの選び方ポイント|サイズ・伸縮性・通気性

骨盤ショーツの選び方ポイント|サイズ・伸縮性・通気性

120view

更新日: 公開日:

骨盤が歪む原因

妊娠出産

女性の体は、妊娠や出産を経験すると大きく変化しますが、腰や骨盤もその中の1つです。

腰は大きくなったお腹を支え、骨盤は、出産時に大きく開いて、赤ちゃんの通り道でもある産道を確保して赤ちゃんの誕生を手助けします。

出産を機に開いた骨盤は、産後時間をかけてゆっくり元の位置に戻ろうとしますが、この動きがスムーズにいかなければ、骨盤は歪んだまま定着してしまうことになります。

そのため、産後の骨盤ケアはとても重要な意味を持ち、怠らずにしっかりケアしなくては、後あと大変なことになってしまいます。

日常的な姿勢

日常生活の中にも、骨盤が歪んでしまう原因がたくさん潜んでいます。

日ごろ無意識にとっている姿勢や癖が原因となり、骨盤の歪みが発生してしまうのです。

座って足を組む

椅子に座った際、足を組む癖があると、骨盤は歪みやすくなります。

しかも同じ方向にばかり組んでいると、片方にだけ大きな負担がかかってしまうため、骨盤に負担がかかり、歪みの原因となります。

立って足をクロスさせる

立った状態でいる時に、両足をクロスする癖なども、骨盤に悪い影響を与えてしまいます。

クロスさせることにより、左右のどちらかに体重が偏り、正しい足の位置で体を支えられなくなるため、骨盤に負担がかかり、歪みやすくなってしまうのです。

合わない靴

サイズの合わない靴も骨盤の歪みに影響してしまいます。

自分の足に合わない靴を履き続けていると、自然と足をかばうように歩く癖ができるため、骨盤にも負担がかかり、歪みの原因となります。

またヒールの高い靴も、バランスを取るための負担が大きくなり、骨盤が歪む原因となります。

合わない靴は骨盤の歪みだけでなく、腰痛を引き起こす原因にもなります。

歪みのタイプ

前後左右に歪む

体の中心部に位置する骨盤は、体全体を支えながら、バランスを取るといった重要な役割を担っています。

そんな骨盤が歪んでしまうと、体全体のバランスも崩れてしまい、必然的に姿勢も悪くなり、様々な体調不良を引き起こします。

歪みにもタイプがあり、体を正面から見た際に前後どちらかに歪んだり、または左右に歪んでしまったり、その両方が発生することもあります。

前傾の歪みから発生するトラブル

骨盤の歪みが原因となり、体が前傾に歪んでしまった場合、体には次のようなトラブルが発生してしまいます。

  • 猫背
  • 肩こり
  • 胸が垂れる
  • お尻が垂れる
  • 下腹部がポッコリ出る

猫背になったり胸やお尻が垂れてしまったりと、女性としては見た目的に悪いものばかり発生させてしまうことになります。

骨盤の歪みは周りの臓器でもある子宮に影響を与え、下腹部がぽっこりでてしまう原因にもなるのです。

後傾の歪みから発生するトラブル

反対に後ろに反るような形で体が歪んでしまうと、以下のようなトラブルが発生します。

  • 背中の張り
  • ししゃも脚
  • 便秘
  • 生理痛

生理痛や便秘は、女性にとって辛い症状の1つですが、そんな症状をさらに悪化させてしまうことになります。

左右の歪みから発生するトラブル

骨盤の歪みでは、左右に歪むタイプが1番多くなります。

左右の歪みが原因で発生するトラブルには、以下のようなものがあります。

  • 肩こり
  • 腰骨の位置のアンバランス
  • O脚
  • 腰痛
  • むくみ
  • 冷え症

左右の腰骨の高さに違いが出てくると、歩行の姿にも影響を与えてしまいかねません。

また左右の歪みは、肩こりにむくみ、冷え症など、女性にとって大敵といわれる症状ばかりを発生させ、悪化させてしまいます。

骨盤矯正の重要性

体調不良を予防する

骨盤が歪んでいると、歪みによって発生した血行不良が原因となり、血流やリンパが停滞して冷え症やむくみを引き起こし、生理痛の発生しやすい体になってしまいます。

歪んだ姿勢を維持するうちに、知らず知らずのうちに腰や肩にも負担がかかり、左右どちらかに傾いてしまうため、肩こりや腰痛も発生しやすくなります。

ひどくなると、頭痛や眼精疲労も現れ、歯の噛み合わせにまで影響を及ぼします。

このような体調不良や悪い姿勢は、骨盤を正しい位置に戻すことで予防することができます。

美容面

骨盤が歪んでいると悪い姿勢を定着させてしまい、体調不良だけでなく美容面にも悪い影響を与えてしまいます。

また、骨盤の歪みが原因で周りの筋肉がうまく機能せず、筋力低下を引き起こすことにもなります。

その結果、基礎代謝まで低下してしまい、脂肪の燃焼が進まないことから、痩せにくく太りやすい体ができあがってしまいます。

それだけではなく、猫背やO脚といった悪い姿勢になってしまうことがあります。

骨盤を正しい位置に戻すことで、正しい姿勢を取り戻し、脂肪燃焼などの機能を回復させることもできるため、痩せやすい体作りができるようになります。

骨盤ショーツの選び方

骨盤ショーツとは

歪んでしまった骨盤を元の正しい位置に戻すため、その動きをサポートするものが骨盤ショーツです。

日ごろの下着と同じように着用することで、骨盤が正しい位置に戻ることを手助けしてくれます。

骨盤ショーツにも様々なタイプがあるため、それぞれの特徴を把握してから、自分に合った骨盤ショーツを見つけることが大事です。

骨盤ショーツをつけるメリット

手軽さ

骨盤ショーツは、下着と同じ感覚で身に着けることができ、手軽に始められることが最大のメリットです。

骨盤を矯正する方法としては、他にも骨盤ストレッチや骨盤矯正サロンへ通う方法などがありますが、それなりに時間や費用を要するものばかりです。

骨盤ショーツなら、ショーツを準備するだけで、簡単に取り掛かることができます。

特に産後の骨盤矯正として利用する場合、忙しい育児に追われる中で、時間をかけずに骨盤ケアが可能です。

コスパ

骨盤ショーツ矯正は、ショーツを準備するだけなので、費用の掛からないコスパのいい骨盤ケアです。

1枚あたりの平均価格もほとんどが5,000円以下のものばかりなので、経済的な負担もかかりません。

見た目

骨盤ショーツを付けて日常生活を過ごしていると、自然と姿勢もよくなります。

履くだけでお尻が内側に引き締められるため、美尻効果もあり、見た目が美しくなります。

ショーツによっては、素材に遠赤外線生地を使用しているものもあり、腰周りを温め、冷え症を防ぐ効果があるものもあります。

ショーツの選び方

サイズ

矯正というだけあって、骨盤が元の位置に戻ることを目的としているため、着用するとある程度は負荷がかかります。

この時、あまりにも締め付けすぎるのはよくありません。

特に産後の骨盤矯正として骨盤ショーツを使用する際は、サイズがとても重要になってきます。

締め付けすぎに気を付けながら、心地よいくらいの締め付け感のあるサイズを選ぶといいでしょう。

伸縮性

骨盤ショーツは、日常的につけたまま過ごすため、伸縮性がなければどんな動きをするにも邪魔であり、ただの窮屈な下着となってしまいます。

程よい締め付けをキープしながらも、ある程度の動きにも対応できるような伸縮性に優れたショーツを選ぶことが大事です。

通気性

体を締め付ける骨盤ショーツは蒸れやすい下着です。

暑い夏はもちろん、寒い日でも重ね着をしたまま暖房の効いた部屋で過ごせば、やはり蒸れやすくなってしまいます。

綿素材のものを使用するなど、通気性も重視しながら選ぶと、着用している間も快適に過ごすことができるでしょう。

骨盤ショーツの比較はこちら

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る